海外で住むことに向いている人はこんな感じ?

土曜日から有給消化ということで、通常の公休と有給合わせて10連休のアタシです🥰

10連休もあると誰もが、言うのが「どこ行くの??」

 

もちろん、旅行の予定があったんだけども結局予定が無くなり、別のことをして過ごすことにしました🤩

何して過ごしたのかは、また次に記事に書きます

 

さて、久しぶりにKLセントラルまで足を運んだのですが、その時に今回タイトルについて考えたので、それをブログに残そうと思います。

 

✈️「海外移住」✈️は海外にいったことがある人のほとんどが少なくとも夢見たことがあると思います。

実際にその夢の実現をした人もいるでしょう。

その中には✌️大きく2つ✌️に分かれると思います。

 

1:海外移住が本当に合っている人

2:合ってると思ったが、実は合っておらず日本に帰国する人

 

私は日本にいた時、常に「自分は海外に向いている」と思い続けていました😌

・会社に行くことが本当にイヤで

・頑張ってポジティブでいることに努めていたので周りからの印象だけは良くて

・帰宅したらスイッチが切れたように気持ちの浮き沈みが激しくて

・連休最終日は、いつも次の日の仕事のことで頭がいっぱいで

・毎日のルーティン、通勤路がとにかくつまらない

 

言葉では表しきれないほどの無力感倦怠感に必死で自分で鞭を打ち、自分を無理矢理奮い立たせていました😖

自己啓発本がとにかく私にとっての神様で、アタシはポジティブ人間なんだから!大丈夫大丈夫!ポジティブでいればポジティブなことになるはずと信じていました🥹🥹

 

それでもだいぶ深い闇の沼に浸かってるのは分かっていながらも知らないふりをあえてしているような感じでした😗😗

 

なんとなく、自分の国にいるはずなのになんだか疎外感もあって、なんで私はここにとどまっているんだろうかと疑問する毎日でした🥺😩😫

 

マレーシアにきて、別にマレーシアが行きたい国ではないのに、日本にいた時以上に毎日が楽しい🤩

 

・家から会社までの通勤路は徒歩10分ほど

・いつも同じ道を歩くのに、なんとなく楽しい。

・会社に行くのが楽しい

・在宅ワークも楽しい

・仕事終わってからも勤務時間は日本と一緒なのにエネルギーが残ってる

・ぐっすり眠れて、仕事前にはジムに行って

・基本インドア派なので、お買い物は家でくつろげるものばかりwww

・久しぶりに街中にいけば常にフレッシュな感じで

 

今回は、あらためてマレーシアに住んでいる自分がすごく幸せな気分を味わっていることを感じました🥰🥰🥰🥰🥰

 

もちろん、日本には家族がいるし20年一緒に生きてきたネコちゃんの死に目にも会えなかったときは、日本に帰りたい!って思いました。

 

でも、日本にいるとき以上に居心地がいいんですよね

 

アタシが思う海外に向いている人って言うのは、その地で空気の1つとなって、自然体でいられる人かなって思います😌😊

 

「向いている」「向いていない」は実際にやってみなければ分からないと思います🥺

是非これから海外にいく人、今海外にいる人は、改めて日本にいた時の自分と今の自分を見比べてみてほしいです🙂

 

一応外国に行けば、Japaneseという外国人として扱われるけども、「暮らす」ということ自体が自然体であるかどうかが生きる上では大切だと考えます♪

 

今日も記事を読んでくれてありがとうございます

是非良いね😊👍

フォローお願いします♫

 

Facebookもよろしくお願いします✨

「Work in abroad」

 

Instagramはこちら

「work_in_abroad_insta」

新卒からの海外就職のメリットとデメリット

私の職場は数年前まで、海外転職でマレーシアに来ている人が多かったようです✈️🇲🇾

そして、某テレビ番組で取り上げられたことがきっかけげ、マレーシア転職へのトレンド化も一時されたようですね⤴︎⤴︎✨

 

(私は、マレーシアでの就職の内定がもらってからいろいろ調べたので、そんなトレンド化されてたなんて知らなかったですwww)

 

だからこそ、実際に同期の人たちと会うまで私はこう思っていました。

 

「たぶん私が最年少なんだろうな。30代、40代の人と仲良くやっていけるだろうか?」

「まぁ私も20代後半だし、同年代はいるはず。いてほしい!」

 

そうドギマギしながら飛行機に乗り、いざ同期とのご対面💕

びっくりしたことは、自分より年下が多かったこと😳😳😳

 

私は、10月に入社したので、一歩手前の4月入社のいわゆる「先輩」のほとんどがなんと「新卒組」でした🫢🫣

 

大学でたてホヤホヤの子からお仕事を学ぶというとても摩訶不思議な体験をさせてもらい、とても新鮮でした🤗

 

前の記事でもお伝えした通り、日本には新卒ブランドってものがあることを母親から教わった私☝️

もちろんそのブランドがいかに大切なのか自分なりに調べた上で日本で就職しました。

ですが、当時の私の中では、海外で働く=ワーホリということしか思いついていませんでした。実際に、この公式が一般的だったんじゃないかなと思います。

 

今の子たちには、ワーホリ以外に、実際に社会人1年目にして海外で「就労ビザ」を得て働くという選択するアイデア力と行動力があるのか!と感心しました。

(当時の私はまだまだ未熟だったな)と反省😅

 

今回は、学生当時から「海外で働く」ということに執着していた私が考える新卒からの海外就職のメリットとデメリットを紹介しようと思います。

※一応私の中で新卒を留年なく卒業された人という定義でお話します。

 

【メリット】

・失敗してもまだ後がある‼️

「とりあえず海外の就労経験したい」ということで就職して、1年経ち「違った!ワーホリをしたかったのかも?」「日本でやっぱり就職」と思い、切り替えがしやすい。

そしてまだ25手前だったら日本での就職活動もラクな方だと思う‼️

 

・昇進チャレンジを自分の意志でできる👊👊

私の会社の場合、不定期でいろいろなポジションの募集がかかります。

どんどん昇進したい!という人にとっては、自分からどんどん応募することができます。

もちろん上から「やってみない?」と打診を受けることもありますが、基本応募は自分からです。

入社して半年で昇進、異動めっちゃありますw

日本でも最近そういう会社は増えてきたけど、なかなか自分から‼️行くにはハードル高い条件ついてたりするよね。

 

・ワーホリよりも安定している🤩🤩🤩

ワーホリは「Work<Holiday」です。Workが先についていますが、あくまでもHolidayが主であり、Workは付録です。だからいろいろな規則があります。

例えば、1つの雇用主で一定の期間以上働けないとか・・・

反対に、就労ビザは基本ビザが下りてからの渡航になるので、すでに働く場所は決まっているという安心感があります。

だからこそ、最悪貯金がなくても海外生活が実現できちゃう。

(アタシは借金こさえて海外転職したのでマレーシアから借金返済中です♫)

 

あとはお願いワーホリだとホントに自分の英語力で働けるところも限られてお給料に変動がありますが、現地採用の海外就職なら基本給がガッツリあるので、新卒で会社員のクセに日本よりも休みが取りやすいし旅行しやすい✈️

 

【デメリット】

・日本での就職が難しい😔

まだまだ「新卒ブランド」熱はあると思います。

また、私の今行ってる職種からの日本での転職は意外に難しいかもです。

ある記事では、「就労経験」として認めてくれないなんていうケースもあるようです。

まぁワーホリよりもは評価してくれるかもですね♫

 

・日本の会社社会に慣れない😖😖

自分のSALES力を全面にだして就職できたとしても、日本の会社社会は他の国と比べてもまぁまぁ特殊だと思います。

最近の会社や「社員のやる気や意見を尊重します」と唄っていながらも出る杭を打ってくる会社もあります。

また、雰囲気もやっぱり違います。

 

・人生迷子になる可能性も😳😳😳

何も夢や目標がないまま、とりあえず海外就職!→やっぱりワーホリかも。と思ってワーホリできる国を一通りやったとします。

この期間にやりたいこと、目標が決まればいいですが、もし見つからなかった場合の人生はかなりお先真っ暗かも・・・

もちろん、日本に帰っても良いですが、収入は他の同年代の人よりも低くなる可能性は大きいでしょう。

 

 

まだまだメリット・デメリットはあるかもしれないですね🤔🤔🤔

ざっと3つずつ考えてみましたが、書いてみて私がやっぱり思ったことは🤩🤩🤩

 

新卒で海外就職するにしてもある程度の自分の人生設計、覚悟が大切ということ

もちろん何も考えずに来ても良いとは思います😊

海外生活は楽しいです🥳

でもその甘い蜜を吸い続けて本当に何も考えないで生きていると30代、40代以降で痛い目を見る気がします🥶😱

 

今日も記事を読んでくれてありがとうございます

是非良いね😊👍

フォローお願いします♫

 

Facebookもよろしくお願いします✨

「Work in abroad」

 

Instagramはこちら

「work_in_abroad_insta」

社会人3,4年目からの海外転職しようとしたときに考えたいこと

【社会人3年目の悩み】

新卒でとりあえず社会人として、どこかの会社に就職すると…

「とりあえず3年頑張ろう」「3年は頑張りなさい!」なんて思ったり、言われて社会に出ている人は多いのではないでしょうか?

 

私も就職活動はかなり大変でした💦

「地元では就職しない!私は外に出て活動した方があってる!」と突っ走り、残りの大学生活・アルバイト・就職活動の日々で、東から西へとアルバイトで稼いだお金をはたいて忙しくしていました🏃‍♀️🏃‍♀️

 

第1希望の会社は就職活動一発目で突撃し、粉砕されました💣💥

 

その後、自分の好きなブランドや、小さい時にやりたかった分野などありとあらゆる職種にアプライし、最後に勝ち取ったのは、12歳の時から通っていた英会話教室の会社でした✨

 

正直、私は就職できなかったら、ワーホリで留学してたオーストラリアのパースに行くんだ!と半ば母親の「『新卒』っていうブランドがある。まずは日本で社会人経験しなさい」の言葉を聞かずに思っていました🦘

 

そんなところに来てしまった「内定」…

「やっと就職活動が終わった」という気持ちと「ワーホリは社会人3年やるまでのお預けか」というがっかりの入り混じったきもちでした🥺

 

 

3年が経ち「いざ!オーストラリアの準備だ!」と思った矢先の「コロナ」と「昇格」

どこまで私の予定をぐちゃぐちゃにしてくれるんだ!と思った瞬間でした😠😭

私はこんな時もなんとかポジティブに切り替えたい性格なので、「せっかく昇格したし、コロナもあるからとりあえず昇格した1年を利用して楽しもう。」と思い、1年を過ごしました🤩

 

4年目。

昇格した1年は良い経験をさせて頂いたと同時に「やりきった感」を感じて頭の中は「パース」しかなかったです。

でも次に立ちはだかったのは

 

オーストラリアの国境が開いてくれない…🇦🇺

 

こんなに足止めを食らうのは人生で初めての経験でした。そこまで自分のやりたいことが止められることなんて一度もなかったのに。。。「FRUSTRATION!」の言葉が合うほどに、ワーホリ待ち2年目をとりあえず1日1日をやり過ごす日々。

 

 

この期間をどう過ごすかってすごく考えると思います。

 

もちろん、社会人3年が過ぎると、私のような境遇でなくても必ずどこかで立ち止まるときがあると思います。

「私はこのままでいいのか」「このまま現状維持でワーホリできるのをひたすら待つか?」

 

そんな時に頭によぎり始めたのが「転職」です。

 

私は専門的知識も資格もないです‼️

地元のローカル大学に4年間卒業とオーストラリアでの1年間の語学留学経験のみです😅

 

転職となると、選択は2つになります。

 

 

 

お金を取るかスキルを取るか

 

❶今のお給料の水準を下げたくなければ、今の仕事と同じ職種でより良い環境を見つける。

②全く未知の知識を学ぶためにお金なんか顧みずに、新しい職種にチャレンジずる。

 

当時の私は、お金でした💴

 

私の勝手な持論

20代前半は、とにかくいろんなことに挑戦し、たくさん失敗して後半から30歳までに失敗から得たことを生かして精算する!

 

そのためにはスキルも欲しいけどお金も欲しいということで、お金を取りました💸

 

日本での転職活動はやっぱり大変で、面接でもなんだかしっくりこない😖

そこでさらに考えたことは「そもそもワーホリしたい理由はなんなのか?」

 

 

答えは「海外で働く」ということでした。

そして、海外転職にシフトをチェンジしたとたんに、面接もうまくいって、翌日に内定をいただきました。

 

最近は、日本も「大学現役卒業」というステータスの価値がすこぉぉしずつ下がってきています。

それだけ、「個」を大切にし始めている人が多いのかな?

それとも何をしたいのか分からなくて動けない人が多いのかな?

 

 

 

「悩める社会人3年生」

私はまだまだ悩める社会人5年生ですが、世界規模で考えると20代なんてまだまだひよっこ🐣でしかないです。

海外にいけば、年齢関係なくコロコロ転職して転職を通して自分のスキルアップをしています✨

 

そんな時に相談できるのがカウンセラーの存在ですよね。

海外転職サイトも最近増えてきました。

私が最近見つけたサイトがこちら

 

「働き方改革」でいろいろな働き方があることが分かったこの数年。

自分のやりたいことをしっかりと発見、明確にさせることができると思います。

 

私ももうちょっと早く見つけられていたらと思ってしまったそんなサービスです🥰

まずは参加無料のキャリア相談でお試ししてみてください😍

 

是非よかったらシェアしてください♻️

 

✨✨✨お知らせ✨✨✨

何となく開設したFacebookコミュニティページをやっと本格的に稼働させました✨📢

まだまだ肉付き足らずな感じですが、ぜひ皆さんフォローしてください♻️

そして、ドシドシ皆さんの経験もシェアしていってくれたらうれしいです🤩

 

「Work in abroad」

 

コンセプト:海外生活、海外で働く、ことに関心があるけど、どこか一歩踏み出せないでいる人の後押しになる

 

今日もCheekyGirlはStruggling してます♪

 

 

 

考えさせられる体調管理について

体調管理って大切ね。

 

体調を崩して更新がだいぶ経ってしまいました。

今日は身をもって感じた「体調管理」についてです。

 

別に海外にいるからとかの前に普通に自分がどこにいようと管理すべきことですよねw

 

でもね、でもね、

海外にいると、生活環境も変わるから気持ちが大きくなりすぎていつの間にか無理してしまうんです。

そして体調を崩したら、自分の国にいる時よりも不安になるものです。

私が初めて海外生活したオーストラリアでは、膀胱炎と風邪になりました。

 

初めての海外の病院🏥

途端に英語に不安を覚え、通訳をつけましたw

(病院在住の通訳つけたけど+αなお金を取られます。)

実際に診察室入ると、通訳要らなかったと後悔しましたwww

 

それはさておき、病院でもらうお薬はやっぱり日本のと違うんですよね。

日本では処方されないお薬も普通に処方されます。

だから日本人にとっては体が慣れていなさすぎて、副作用も出やすいんですよ💦

 

私も案の定薬が強すぎて、副作用に悩まされました。

そんな時、当時アルバイトしていた日本食レストランのオーナー(オーストラリアに母と呼んでも良いくらい大好きです😘)がこんなことを教えてくれました♪

 

「薬については医者よりも薬剤師の方が詳しいから、医者から処方された薬持ってドラックストアの薬剤師に相談してきなさい!」

 

医者よりも薬剤師の方が良いのか⁉️

 

とビックリしました。

お母さん曰く医者はバカだからだとかwww

(ちゃんと資格持ってるから普通にウチらより何百倍も頭いいはずw)

 

実際にドラックストアで処方された薬を持って、、これ飲んでるけど、こんな症状があると言ったら

「それは強すぎダヨォ😱コレが良いよ」

と新しい薬に変えたら途端に今までの症状が無くなりましたw

 

素晴らしい✨

 

薬だけに関わらず、海外には日本ではまだまだ認識がされていない医学が普通に巷に情報として溢れています。

これまたオーストラリアで初めて知ったのが「グルテンアレルギー」

アタシが留学してた当時はまだ日本では知られていませんでした。

ある時、アルバイト中に来た親子が「グルテンフリーのお寿司ある?」と聞いてきた時には「なんじゃそりゃ?」でした。

 

次に「月経カップ」

これはオーストラリアに行く数年前にアメリカのファッション雑誌「Seventeen」で取り上げられており、すごく気になっていたのでオーストラリアに行って、まずドラッグストアで月経カップをゲットして以来、かれこれ約10年の愛用者です。

とんでもない出費となる生理用品が月経カップのおかげで節約大成功です♫

 

朝から公園の広場で朝活ヨガとかもあって、今でこそ、日本でトレンド化しているものが全て留学時代に日々雨のように情報がで拒否する暇もなく降りこんできます。

 

それがきっかけで、独学で心と健康について自分自身で試しながら過ごしてきています。

 

最近は自分がわからなくなってしまって、心と体がボロボロになってしまっている人も多くいる気がします。

なんとなく、「私は持病あるから」と持病を言い訳に閉じこもっている人もいるんじゃないかな。

(ホントにやりたいことがあるのに出来なくて悔しい思いをしてる人も絶対いると思う!)

 

病院や薬に頼るということはもちろん一つの体調改善の一つだと思います。

でも頼りすぎることで自己回復力を逆に弱めてしまっている場合もあると思います。

 

体調管理の一つとして、自分と向き合うということがこれからの世界を生き抜くために大切なことだと私は考えています。

 

例えば、

1日エレベーター、エスカレーターは○回までとか

今日あった楽しいこと一言日記とか

朝はお水一杯からとか

タバコは1日○本までとか

なんでも良いです。

何か1つ1週間続けられることを探してやってみて継続するといいと思います♫

 

自然と自分の人生にキラメいてくるはずです♫

 

最後に。。。

 

海外生活していると何かと送金する機会があると思います💰

海外送金って何かと煩わしいですが、ワイズなら簡単にぺぺぺ!と送金できちゃいます♫

銀行で海外送金するよりも安いレートでやってくれるのもお得♫

 

 

海外ドラマのような海外生活は実現できるのか。

できますよぉ~!!!!!

 

初めての海外生活はオーストラリアでした🇦🇺

21歳になる年の春。10歳の頃から夢見た海外留学を実現させたくて1年間の語学留学をしました🌸

 

「海外」という言葉からイメージすることは何でしょう?

アタシが、海外生活する前に思い描いてたイメージはこんな感じです。

キラキラのんびり刺激的毎日お祭り気分

シェアハウスでドラマ「フルハウス」みたいなお箸が転げただけで笑えるような生活

学校では海外ドラマみたいに鞄を肩にかけて、教科書を手に抱えて長い髪をなびかせながら学校を闊歩

放課後のアルバイト先では、気さくに話しかけてくる常連と仲良くなって、レジで世間話

そんなアルバイト先にたまたま来たハンサムな男性と一目ぼれなんかして、ボーイフレンドになって、休日は彼と一緒にロードトリップ

もう毎日がバラ色生活✨🌹✨🌹✨

 

アタシは小さい時から影響されやすい人です。(今でもそうです🙄)

Youtubeで同年代の子が発信している動画や、ありとあらゆる海外ドラマを見て「こんな生活をしてみたい」「するんだ!」と常に妄想に浸りながら実際に留学を実現させました。

 

現実は?というと・・・www

海外ドラマは「本当」でもあり「ウソ」でもありました。

 

アタシの1年間の語学留学でドラマが作れるかなと思える経験が出来たので、今思えば楽しかったと言えます🥳

でも当時の自分がこうして、ブログに綴るとしたら「海外ドラマを夢見て留学なんかしたら大失敗する」なんて書くのかな?と思います😖

 

留学が終わり、今2度目の海外生活として、マレーシアにいます🇲🇾

留学で学んだことを生かして行う海外生活は、当時想像していた生活に近い生活が出来ていると言えます🥴👍

 

人間、日々経験を生かして生きていく動物なんだな。

 

留学時代のお話は、またの記事で詳しく書こうかなと思います🤫

今回、このブログで私が声を大にして言いたいことは「キラキラもドロドロもひっくるめての海外生活」を楽しんでほしいということです😉

 

「嫌な思い出も、時が過ぎれば良い思い出」ということだからです🤞

 

そのために必要なことが自発的に物事を進めるということ!

この自発的な行動意識っていうのは海外に行ってから身につけるというのは「時間の無駄」だから、海外に行く前から身につけたいものです😳

 

じゃぁどうやって身につけられるのか🤔🤔

 

例えば留学しようと思うのなら、エージェントを見つけるところから自分でやってみる👀「留学してみたいな」「海外行ってみたいな」って思った瞬間からエージェント探しってすごく大切だと思います☝️

もちろんその時にいつ行きたいかというのが明確でなくても、エージェントは滞在期間に合わせておおよその予算を立ててくれます🤭その予算を見てから渡航日を決めても全然問題ないし、そっちの方が海外生活をする前に一つ「海外に行く」という目標達成のために努力することを学べるはずです✍️

もちろん、行ってからの目標は、行く前の努力期間に改めて設定をして準備すれば、行った後に本末転倒することも避けられると思います⭕️

(アタシは行った後の生活を準備しきれていなかったこともあり、想像していた生活を100%実現できなかったことが学びでした🫣)

 

海外で住む・働くということは、それを実現する前に自分自身を一皮むかせることが出来るということ🍌🐵

 

もちろん、海外に住むだけじゃなく、国内での引っ越しでも同じことが言えると思います。それが海外だとより自分の価値観を改めて見つめなおすきっかけにもなります。そのあとの行動がものすごく変わるきっかけになるはずです✨✨

 

自分の国からでて、外から自分の国を見てみてほしいです🌍👁👁

それで感じたことをぜひコメントにシェアしてほしいです✏️

 

 

海外で働くということblog始めます

2021年10月に海外転職をしてマレーシアに引っ越してきました。

 

あっという間に1年が過ぎ私が感じたこと。

 

やっぱり海外は刺激的で楽しいなということ。でも同時にアタシはなんてちっぽけなんだとも思います。

 

最近はやたらと「海外移住したい」とか「いつでも好きな時に好きな場所で生活したい」「国際恋愛」「国際結婚」「海外留学」「海外インターンシップ」「海外転職」そんな発信がすごく増えたなぁって思います。(そうやって発信することができるツールが増えたからかな?)

 

ということで、海外生活2年生になったアタシから海外生活や海外に関わり、学んだことを通して、海外を夢見る人・これから行く人・海外生活1年生のヒントになればと思って発信していきます。

 

アタシの独断と偏見満載で投稿していくので、是非別の見方や経験をされた方は、是非コメントでシェアしてください♫